◆手作りバスボム

バズボム作り

 重曹を溶かしたお湯は軟水作用で水がやわらかくなったり、重曹&クエン酸の反応で発砲して血行促進効果肌がすべすべになったりと、いいことずくめです。

 混ぜるのは重曹とクエン酸と無水エタノール(または精製水)だけ。これだけで発泡作用はできますが、アロマオイルや岩塩を加えることで香りや機能を追加することもできます。

※以下の写真は岩尾明子先生が 2014年3月に行ったバスボム作り講習会の様子を記録したものです。

◆材料

バズボム作り 材料

  • 重曹の粉2に対してクエン酸の粉1の割合
  • 無水エタノールまたは精製水:適量
  • 香り付けや機能の追加用(精油数滴、岩塩など)
  • 計量カップ、サランラップ、スポイド、ゴムべら、ボール、スプーン
  • サランラップ、好みの型、リボンやラッピング用紙など

 

バスボムの作り方

重曹 計量
 

1.重曹を計量カップではかり、ボールに入れます。

重曹:クエン酸の分量比は2:1です。
この分量がわかるものであれば、紙コップでもかまいません。

 

バズボム作り クエン酸計量
 

2.クエン酸を計量カップではかり、重曹の入ったボールに入れます。

クエン酸は酸性で、肌の敏感な方が直接触ると手が荒れることがあります。小さなお子さんや心配な方は、ビニール手袋などご利用ください。

 

バズボム作り よく混ぜる
 

3.スプーン(泡立て器)でよくかき混ぜます。

粉が飛び散らないように注意しましょう。

 

バズボム作り 香りをつける
 

4.このタイミングで香り付けの精油入れます。

混ぜるものが違うときはこの前の段階で違うボールなどに分けておきます。

精油は数滴で十分です。

 

バズボム作り 岩塩入れる
 

5.小分けした別のボールには岩塩などをいれます。

普通のお塩でも作ることはできます。

写真はヒマラヤ岩塩です。

 

バズボム作り 無水エタノール
 

6.霧吹きで無水エタノールを少しずつ加え、かき混ぜながらまた少し加えていきます。

重曹とクエン酸は少しの水分でも発砲しますので、水の代わりに無水エタノールを使います。

水でもできますが、発砲が進まないように本当に少量ずつ加えましょう。

 

バズボム作り 固まり具合
 

:サラサラだったものがぎゅっと握ったら固まるくらいが適量です。

無水エタノールを含ませたことで見た目の分量が減ります。

 

バズボム作り 型に押し込む
 

8.型に詰めます。型を使った場合は乾燥するまで1日くらい時間をおいて下さい。

力を入れてぎゅっと押し込むようにしてください。
この場合も肌がデリケートな方はビニール手袋など使いましょう。

 

バズボム作り ラップでくるむ
 

9.サランラップで包むときはそのまま丸めて固めます。リボンなどで口をしばり、完成です。

 

 

バズボム作り 完成
 

10.完成です。いろんなラッピングも楽しいですね。

保存する場合は密閉できる容器に入れてください。

 

シリンゴルの天然重曹 商品ページへ

「シリンゴル天然重曹」は、内モンゴル奥地のシリンゴル高原で採掘されたトロナ鉱石から精製した、高品質の食品用グレードの重曹(炭酸水素ナトリウム/NaHCO3)です。